MENU

合ってない化粧品でインナードライ肌に

紫外線やストレス、睡眠不足が原因でシミやシワといった肌トラブルに悩まされる人は多く、何らかの対処を行う症状を緩和あるいは悪化しないように取り組んでます。ニキビもその中の一つと言え、顔など人目につきやすい箇所に赤い斑点がポツポツ目立ち恥ずかしい思いをした経験を持つ人は少なくありません。現在科学技術や美容の関心が高まり、化粧品や日焼け止めを初め多くのスキンケア製品が市場に出回ってます。

 

しかしそれらを使っても頬ニキビや顎ニキビが完全に改善されず、治ったと思っても再び発症して困る意見も存在します。

 

こうした顔に出来る赤い斑点を繰り返す原因とは、もしかすると自分に合ってない化粧品を使ってる可能性があります。

 

顔にある皮脂や水分のバランスよってニキビの症状や対処のためのスキンケアは異なり、間違った化粧品を使うことで症状を悪化や繰り返す可能性があります。水分が少ない乾燥、敏感肌の体質の人はセラミドが配合される保湿と浸透力中心のスキンケアが適してます。

 

一方、混合や脂性肌といった水分と油分のバランスが崩れるインナードライ肌は油分の多いクリームより、化粧水や美容液を中心としたスキンケアが大切です。ヒアルロン酸やコラーゲンを初めとする保湿成分やビタミンC誘導体、抗炎症成分の大きくわけて3つの成分がニキビ対策に必要不可欠です。また、スキンケアの前後の洗顔もニキビに関係しておりすすぎ不足で洗顔料が残ったまま化粧品をつけても肌トラブルを起こしてしまうので注意しましょう。